カレンダー
2014年4月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最多

人は様々な病気にかかってしまいます。その中でも死亡原因の1位になっているのががんという病気です。1981年に原因のトップになってから今まで抜かれた事はありません。そんながんの事を深く知って、検査や予防などに努める事はとても大切ではないでしょうか。しかし、がんと一括りに言ってもどの部分かによって症状や進行などは大きく変わります。今回は胃がんと膵臓がん、大腸がんについて触れておきたいと思います。

数あるがんの中でも発症率が1番高いがんが胃がんです。胃がんは最近では減少傾向にありますが、未だに1位の座を保っています。そして、最近増加傾向のがんの1つが大腸がんです。大腸がんは自覚症状がない為に、検査を受けていないとなかなか発見できないがんです。そして、治療が難しいと言われているのが膵臓がんです。膵臓がんは発症率こそ少ないですが、かかってしまうと治療が難しいケースが多いと言われています。他にも肺がんや乳がんなどは発症率が高いがんと言えます。

部位によって、その危険性や症状などはかなり変わります。しかし、共通して言える事はしっかりと検査をして、がんの発症に素早く気付く事が出来れば治癒率は飛躍的に上がるという点です。がんによっては内視鏡手術で、すぐに取り除く事が出来たという場合も少なくありません。胃がんや膵臓がん、大腸がんなど初期症状が気づきにくいがんもあるので、検査は重要だと言えるのです。

OUT LINK

胃がんを完治させるために|池袋がんクリニック
肺がんに関するお悩みは|岡山NKクリニック
膵臓がんで悩んでいるかたへ「横浜クリニック」|
免疫細胞療法なら|新大阪NKクリニック

カテゴリー
  • カテゴリーなし